自分へのご褒美

先日5億年ぶりくらいにDさんが土日お休みになった。(大げさですが前に土日休日だった時が思い出せないくらい久しぶりの出来事です)

土曜の朝はモーニングを食べに行ってその後美術館へ。絵画鑑賞は私の趣味で、以前のDさんは全く興味のないことだったのですが一緒に足を運ぶようになりました。

私は一人でもよく行くのですが誰かと行くと観終わった後感想を話し合えるので楽しいですね。会期終了が迫る土曜だったのでいつもより人は多め。しかし充実した展示でとても満足感がありました。

 

夜は家で焼肉。私は牛肉が何となく苦手で少ししか食べないのですが牛タンだけは例外で、牛タンばかりもりもり食べました。

家で焼肉をすると部屋に残る匂いや油飛びが気になってしまうのだけど好きな部位を好きなだけ食べられる、周囲を気にしなくてよい、低コストで美味しい!が簡単に手に入るのでついつい後片付けの苦労に目をつむってしまいます。あっあと焼肉した後はDさんが輪をかけて機嫌よく片付けを手伝ってくれるというのも自分の負担が少ないからいいか!に踏み切る理由にもなります。

 

日曜、Dさんついにゲーム機を購入していました。もうずっと頑張って仕事をしてきたご褒美なのでゲーム機を乗せて帰る道で「よしっこれからも頑張ってお仕事するぞ!」と言っていて微笑ましかったです。

そう、Dさんの行動を見ていてハッとさせられる物事の一つに「自分にご褒美をあげる」というものがあります。

私はどちらかと言うとあまり自分に優しくできない、してはいけないような気持ちがどこかにあって、辛くてもまだ頑張れるまだやれる!とご褒美を先延ばしにし、受け入れる事をしてこなかったなぁ。と。そして頻繁にストレスで体調を崩していました。(ストレス発散も下手くそでした)

今思うとご褒美なんて何でも良かったんですよね。仕事終わりにお菓子を買うだとか好きなアーティストの新譜を買うだとか。現在はだいぶ自分へ優しく出来るようにはなっているのですが、今回の行動を見てふと思い出したんです。

 

3月ももうすぐ終わり。今年残り9か月。どう過ごすか改めて考えようと思います。